トレンドアフィリエイトをやってみ!皆バカにしないで!

トレンドアフィリエイトは、初期の段階で瞬間的なアクセスを集めるのに最も適した手法と言えます。

 

近年のクリック率は1%弱程度と言われていますが、扱うジャンルに大きく左右されますので、これはあくまで平均値として上げられた数字です。その中でも、芸能ネタやスポーツネタはクリック率が特に低く、クリック単価も低いことで知られています。

 

検索ユーザーのターゲット層を考えれば、若い世代が中心で購買意欲をもって広告を見ているとは言い難いですよね。さらに、トレンドアフィリエイトのブログは、ライバルと記事内容が重なりやすく、画像の著作権やポリシーの違反などが無くても「似たような内容の価値のないサイト」とみなされ、ペナルティをかけられてしまう可能性が高くなります。

 

こうした状況から、トレンドアフィリエイトでアドセンス広告のみでずっと続けていくというのは、リスクの観点からもおすすめできません。トレンドでアフィリエイトの基本を抑え、いくらかの収入を得ることができるようになれば、リスクをうまく分散した稼ぎ方へとシフトさせていき、同時に規模の拡大も考えておきましょう。

 

外注化への投資

収益を加速させるための一般的な手法として外注化が挙げられます。外注というと敷居も高く、なんとなくプロっぽい響きもありますが、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングを利用すれば、いとも簡単に人を雇うことができるのです。

 

厳密な雇用関係ではありませんが、自分でブログを立ち上げて記事を重ねるよりも、お題に沿って記事を起こしたり、大まかな構成にそって記事だけを書いたりするほうが楽だと感じる人もいるのです。トレンドサイトとして記事を依頼する相場は1記事250円程度でしょう。

 

初心者のうちは1記事に2~3時間使うなんてことはザラで、キーワードの抽出だけで半日を費やしたなんて言うことも日常茶飯事ですよね。それが、トレンド記事を外注に出すと、1日1記事のペースで挙げてもらっても月額7500円。1日3記事だとしても22500円です。

 

これを高いととるか安いととるかは本人次第ですが、長期的な視野でみた場合、十分なリターンを得られるケースがほとんどですよね。トレンドアフィリエイトからステップアップを図りたい人は積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

トレンドアフィリエイトは芸能関係に興味を持っている人や詳しくない人でないと稼ぐことができないと思っている人が多くいるようです。確かに、トレンドアフィリエイトを実践する前に、芸能人の名前や詳しい情報を知っていれば少しは有利になりますし、やっていて楽しいかと思います。

 

しかし、エンタメ系に全く興味が無くても無知でも稼ぐ事は全然できます!実際に私は全くの芸能音痴でした(笑)AKBの人数やら、旬の芸人さんなんて全くの門外漢でしたよ。芸能ネタどころか、1日のうちでテレビが点灯している時間が何分あったか・・・。

 

トレンドでエンタメ系以外のジャンルで稼ぐやり方・始め方

まず、結論を言いますと、エンタメ系は大きく、短期間で稼ぐにはうってつけのジャンルになりますが、エンタメ系以外でも、十分大きく稼ぐ事は出来ます。

 

ただ、もしエンタメ系の記事を書く場合でも、安心してください。芸能界に興味はなく、全くの無頓着でも問題はありません。

 

たしかにトレンドアフィリエイトにおいて芸能人の記事は検索数も多く、毎日がテレビカメラに囲まれている世界ですから、話題も次々に溢れだすのでしょう。トレンドキーワードも数多く出現し、エンタメ中心にブログを構成しているライバルもたくさん見受けられます。

 

しかし、だからといってエンタメ系のネタを書かなくては勝負にならないというわけではないのです。まだブログの弱い初心者のうちは、エンタメ系の記事を書いても上位表示できず、アクセスが中々集まらないでしょう。キーワード選定がうまくなければ尚更です。

 

そんな時には、エンタメ以外のキーワードも積極的に狙っていきましょう。例えば、事件、事故、不祥事、社会問題、ブーム、気象情報、季節ネタなど一般的なニュースになりうる情報ですね。

 

ただし、グーグルアドセンスには厳しい規約があります。残虐性のある事件や自殺のニュースなど、幼い子供と一緒に見るのはちょっと・・・という内容の記事は避けてください。アドセンス規約に抵触すると、最悪の場合ライセンス剥奪。つまりクリック型広告の収入源を失う、ということになりかねません。

 

・多くの人が興味を示しそうなニュース
・自分にも起こりうる、自分にも関わりがありそうなニュース
・読む人によって不快な気持ちにさせないニュース

 

といった基準を設けるといいと思います。

 

おすすめできないトレンドジャンル

政治経済のニュースは専門用語も多く、読者も偏ります。トレンドブログには不向きだといえます。昼下がりのワイドショーで取り上げそうなニュースのイメージですね。視聴者を選ばない程度の難易度にすることで、幅広い層の取り込みを狙っています。
エンタメ系の記事を扱うライバルが多いのは、それだけアクセスを狙う層が幅広いということでもあります。

 

初心者のうちからこの激戦区で勝負をする人は、小学生が高校生に混じって野球をするようなものです。体力も、技術も伴っていないので、稼げるようになるにはよほどの努力と根性が必要でしょう。レッドオーシャンでしのぎを削りながら、果たして何人の新人が生き残れるか・・

 

みなさんはもっとビジネスとして考えましょうね。力がつくかもしれませんが、稼げなくては何の意味もありません。どんなビッグネームのスキャンダル記事を取り扱ったとしても、アクセスが集められなければ結果はゼロです。もちろん、エンタメ系でもキーワード選定をしっかりと行い人と違ったステージで記事を作成出来るのでしたら狙いどころとしてはいいかとは思います。

 

ライバルの少ないジャンルで、いくらか稼ぎながらスキルを身につけるというのも立派な兵法です。芸能ネタを扱うトレンドブログが多いから、そこが入門編だと考えるのは、挫折してしまう可能性が高いです。しっかりとした書くべき理由を持って記事を選んでください。

 

エンタメ系の記事ではなく、一般のニュースでもアクセスは十分集めることができます。エンターテイメントはあくまでもニュースジャンルの1つに過ぎず、他にもみんなが関心を持って検索する話題はたくさんあると視野を広げましょう。

 

また、エンタメ系を扱う際にも、なるべく大々的にスポットライトが当たっている物では無い物でしたら、戦うことが出来るので初期サイトでもおすすめ出来ます。

 

トレンドアフィリエイトで大きく稼ぐ為には

記事を書くスキルが身につき、実際に稼げるという成功を体験すれば、エンタメ系でも十分に通用する力が身についているはずです。出来るだけ素早く多く稼ぎたいなら、エンタメ系のジャンルは避けて通れない道だったりします。万人が関心をもつ、大衆的なジャンルであることは間違いありません。

 

このジャンルでは上位表示される可能性の高い、ライバルの少ないキーワードを選定する力が必要です。そしてキーワードの選定能力は一長一短に身につくものではなく、何度も繰り返し経験を積んで身に着けていく感覚的なものでもあります。こうしたキーワードの扱いに慣れ始めてから、エンタメ系へ挑戦するのが前述の戦略なのです。

 

一般ニュースの記事を書きながら、ライバルの芸能記事のチェックは欠かさないでくださいね。それだけでも同じ時期に始めた初心者とは違う視点を持つことになり、一般ニュースからでも思わぬお宝キーワードを発掘できることもありますから。実際に、エンタメ系がアクセス爆発も起こりやすいのは事実です。

 

アクセスを爆発的に増加させるためには、爆発系のネタを選定する必要があります。この爆発を引き起こすネタには次のような定義付けができます。

 

「需要が急上昇し、供給が追いつかない」

 

突然の速報ニュースで、急激に検索ユーザーの「詳細を知りたい」という需要が上昇しますが、そのネタについて詳しく発信しているサイトが少ない。つまり、ライバルの少ないネタということです。当然のことながら少ない記事にアクセスが集中し、アクセス数短期集中の爆発現象が起きます。そのネタに対し、あなただけしか情報を発信していなければ、アクセスは独占。

 

まさに特ダネですね!

 

ただ、急上昇した需要は急降下する可能性ももちろんあります。特ダネの匂いを嗅ぎつけたライバルは、こぞって速報記事をアップします。ニュースとなりメディア報道がなされ、沢山の人が知る事実となってしまうと、新たに検索する人もいなくなります。

 

こうした速報は早い者勝ち的な要素があり、いったん検索1位を獲得して爆発的なアクセスを獲得してしまうと、それを追い越すことは相当な労力を要してしまいます。これは100メートル走のスタートにも似ています。

 

検索エンジンの世界で1位と2位の差は甚大です。速報ネタがスピード勝負と言われる所以は、こうした先駆者メリット、後発デメリットによるものなのです。

 

アクセス爆発後の世界

いったん爆発を起こすとどうなるか?

 

まず、アドセンス報酬は桁違いに跳ね上がり、あなたのブログが強くなります。100円~200円といった下積み芸人のようなあなたの報酬は、瞬きをするあいだに5000円、10000円と桁を変えていきます。まさにグランプリの優勝賞金のように、一夜にしてドカンと報酬が増えてしまう快感を味わうことができます。

 

報酬ドカンも魅力的ですが、何よりもブログが強くなることにより検索エンジンでのあなたのブログの価値があがり、これまでに書いた他の記事でも検索順位が上がることこそ、本当の報酬と呼べるのかも知れません。

 

過去に一生懸命に書いたけれども、1ページ目はおろか一体どこにインデックスされたのやら検討もつかなった記事がひょっこりと1位になっている・・・といった現象も起こるのです。当然こちらのアクセスも上がってくるので、報酬は2次派生的に増えていきます。こうした記事が多ければ多いほど、1記事の爆発がもたらす環境の変化もより大きなものになるのです。

 

そしてさらに、次に書く記事も同じように上位に表示されやすくなってきます。これまで、順位を競っていたライバルよりも高いレベルで勝負をかけることができるのです。

 

トレンドアフィリエイトにこうした育成要素の部分があることは、実践者にロールプレイングゲームの好きな方が多いということにもつながっているのかもしれませんね。

 

一度上がったレベルはそう簡単に落ちるものではなく、通年で安定した需要のあるネタもしっかりと書いていれば、しばらく放置しても報酬が発生するという環境を作ることができるのです。

 

私は数か月で月間のアドセンス収入を目標としていた本業の収入分に相当する金額をクリアできました。ですが、その間で爆発を起こした記事というのは10回以内です。記事数が増えるにつれて、爆発による成長幅も増えていきます。まずは焦らず、報酬を目標に据えるのではなく、記事数を目標に据えてみるのもいいかもしれませんね。ブログの強度が増せば、報酬は必ずついてきます。